高圧酸素カプセルの効果とは

高圧酸素カプセルとは?

通常の空気は1気圧ですが、高圧酸素カプセルは水深2~3メートルの水中と同じ約1.3気圧程度に圧を高めたカプセルです。 この中に横たわることで、効率よく酸素を取り込むことができます。

このカプセルは、最近ではスポーツの現場でも取り上げられていることで有名になりましたが、リラクゼーションスペースやサロン整骨院、温泉などでの導入も増えています。 そのため、興味がある方はどこでも気軽に体験できるようになりました。

カプセルの効果について

気圧が高まることで血液中に酸素が溶けやすくなるため、細胞に行き渡るようになり、各組織の新陳代謝が高まると言われています。 つまり、酸素には各機能を調整する役割があるために体内に十分に供給されることで健康増進の作用が期待できるのです。

人間の体の血管の大半は毛細血管です。毛細血管にまで行き届くようになれば、脳や腎臓や肝臓などの臓器の機能回復が期待できます。 具体的な作用としては 疲労回復、美肌、老化防止、怪我の回復、ダイエット、 自律神経の調整、頭髪・育毛ケア、冷えや肩こりの解消、記憶力や集中力の向上 などによい作用があるといわれています。

こんな人にオススメ

特にスポーツをしている人、女性、疲れている人、高齢者、脳をよく使う仕事(勉強)をしている人にはオススメです。 スポーツをしている人は運動のパフォーマンスが向上しますし、特に女性は胸式呼吸になりがちで空気の取り込み量が少なくなったり、 下着の締め付けで酸欠になることもあるので効果的です。

疲れている人には疲労回復効果、高齢者にはアンチエイジング効果、学生など脳をよく使う人には集中力アップが期待できるので、近年多くの方、特に女性に人気の高い健康療法です。

使用の際の注意点

似たような言葉に「高気圧酸素療法(治療)」という医療現場で使用されている治療法があります。 一方、「高圧酸素カプセル」は医療行為ではない民間療法です。

高圧酸素カプセルは、この医療現場で使われている方法を基礎として作られたものです。 医療現場で使われている方法は、脳浮腫や心筋梗塞などさまざまな病気にも効果がありますが、名前が似ているので、高圧酸素カプセルで病気が治ると勘違いをしないように気をつけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする