眼精疲労の予防法!目を疲れさせないための8つの秘策

パソコンやスマホを使うことが多くなっているため、「毎日のように目が疲れている」「目が疲れて肩こりや頭痛がある」という人が増えています。

目の疲れでケアできればまだ大丈夫ですが、眼精疲労に移行すると「頭痛」「肩こり」「吐き気」「うつ」などどんどん重症化してしまいます。体全体が悲鳴を上げないうちに眼精疲労を予防する方法について知っておきましょう!

スグにできる!眼精疲労の予防法

眼精疲労を予防するためには、パソコン・スマホの対策をするのが一番です。なぜなら眼精疲労がおこる原因のほとんどがパソコンやスマホを凝視するためだからです。ブルーライトのカット、姿勢の矯正、環境をチェックなどできるだけ目をケアするようにすることで眼精疲労にならないようにすることができます。

眼精疲労の予防:目の疲れない環境をつくる

今の世の中でパソコンやスマホを使うなというのは無理だと思いますので、せめて目が疲れないように環境を整えることが大切です。

暗い部屋でパソコンやスマホを使っていないか、画面のちらつきや電灯がディスプレイに映り込んでいないかをチェックしてください。これらは目を疲れさせる原因になります。

また、姿勢を正しパソコンを上から見下ろすような形にすると、目が乾きにくくなり目を疲れなくします。特に猫背にはならないように気づいたら姿勢を直すことを心がけてください。

パソコンで作業する人の良い姿勢と悪い姿勢

冬場は特に部屋が乾燥しやすいです。加湿器を使う、目薬をさすなどして目の潤いを保つようにしましょう。

参考:姿勢悪いと教えてくれる画期的な座布団!?
座っている姿勢をチェックしてあなたのスマホに教えてくれる座布団です。トータルで良い姿勢をどれぐらいしているのかなどもわかります。アメリカのアマゾンで手に入るようです。
darma公式サイト
米アマゾンの販売サイト

眼精疲労の予防:睡眠を十分にとる

目が疲れるのは脳が疲れているため、目自体は疲れを感じません。質の良い睡眠を十分にとることは脳を休めることにつながります。眼精疲労を予防するには寝る前のスマホをやめて脳をリセットする必要があります。

眼精疲労の予防:PCメガネ

JINSで販売してから、一時期ブームになったPCメガネ。今はどこのブランドでも扱うようになっています。私も使っていますが、かけた方が目の疲れが軽減されます。

ただ、ブルーライトのカット率が多いほど色がついてサングラスっぽくなるのでちょっとカッコ悪いですね。どうせかけるなら、パソコン、スマホの作業時だけと割り切ってカット率の高いものを使った方が効果はでやすいと思います。



PCメガネは面倒、買いたくないという人には、ブルーライトをカットできるフリーソフトもあります。ブルーライトをカットするだけで目が疲れなくなったという人も多いので導入してみるのも一つの方法です。

Win,Mac,iPhone,Androidとすべての機器で使えます。
f.lux公式ダウンロードサイト

眼精疲労の予防:ステレオグラム

視力回復・眼精疲労予防のステレオグラムステレオグラムは、目の焦点を意識的にずらすことによって写真を立体的に見る方法です。

なぜ眼精疲労にいいかというと、いつもと違う目の筋肉を使うことで凝り固まった目をほぐす、血流をよくするなどの効果があるといわれています。仕事の合間などにちょっとやってみるといいかもしれません。

ステレオグラムの詳しいやり方はこちらにまとまっています。
https://matome.naver.jp/odai/2136327090894562701

眼精疲労の予防:まばたき

普通の状態では、3秒に一回ほどのまばたきを無意識のうちに行っています。まばたきを行う理由は、光から目を守り、涙を目の表面に行き渡らせるためです。

しかし、人がテレビを見たり、スマホやパソコンに集中したりするとまばたきの回数が減ってしまいます。車の運転中は普段の1/2、パソコン使用時は1/3、スマホでゲームだと1/4まで低下してしまいます。

まばたきの回数が減ることで、目が乾き保護されなくなるばかりか、はっきりと物が見えなくなってしまい余計見ようとすると目が疲れてしまいます。

これらを、VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群や、テクノストレス眼症などに分類しますが、一般的には「ドライアイ」や「スマホ老眼」などといわれています。

眼精疲労は、このようにパソコンやスマホなどでまばたきの回数が少なくなることからもひどくなってしまいます。意識してまばたきする、5秒間でも目を閉じて休める、体を動かして血流を良くするなどしてください。

眼精疲労の予防:瞑想をする

最近流行している眼精疲労のアプローチとして「瞑想」があります。瞑想で眼精疲労が改善する理由は、単純に目を休めるためです。ただ眼をつぶるのと、瞑想の異なるところは酸素を多く目に行き渡らせ、身体をリラックスさせることができるというところです。

簡単ですぐにできるので毎日瞑想を行うとメリットしかありません。

瞑想のやり方
1. 自分の落ち着ける場所に座り背筋を伸ばします。背筋を伸ばせば座り方はなんでもいいです。それっぽくするなら、あぐらをかくのがいいでしょう。
2. 目を閉じて、眼球に意識を向けます。
3. 4秒で息を鼻から吸って、7秒かけて鼻から息を吐きます。
4. これを繰り返します。時間はできるだけで結構です。数十秒でもいいし、できるなら10分ぐらいやると効果が高くなるでしょう。

目の疲れをとるために瞑想をする男性

目を休める(1分間目をつぶる)

目の疲れ、眼精疲労を呼ぼするには目を休めることが何よりも大切です。効果的な予防法なのになかなかできないのは、パソコンやスマホに集中してしまうとあっという間に時間が過ぎてしまうためです。

そのため、目を休めるには自分自身で1時間に一回は目を休めると決めて、キチンと時間の管理をすることです。理想は、パソコンやスマホで1時間作業するごとに1分ぐらい目を休めることですが、仕事をしているとそんなに頻繁に時間をとれないことも。

そんなときは、パソコンから目を離して少し遠くをみるだけでもOKです。また意識して目をギュッとつぶるだけでも目を使い続けるよりも眼精疲労の予防になります。

目薬をさす

最近では市販の目薬はよくないという情報を多く目にします。その理由は「防腐剤が目を傷つける」ことや、充血を治す目薬は充血が必要な人の血管を収縮させ「治ったように見せかける」ものだからです。

市販の目薬がダメならどのような目薬がいいのでしょうか? 目の機能にとって重要なものはです。目に潤いを与えるだけでも目の健康を維持し疲れを予防できるのです。

市販の目薬で涙に近いものは「ソフトサンティア」です。少量で使い切るタイプなので防腐剤もなく目にもやさしいのでおススメです。

https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/products/otc/soft_santear.jsp

目の疲れにいい栄養素

目の疲れにいい栄養素は、さまざまなものがあります。目に良いとして有名な栄養素にブルーベリーなどがありますが、ブルーベリーが目によいという確実な研究結果はまだでていません。目によい食べ物や栄養素については、以下のページで詳しく解説しています。

目の疲れによい食べ物、栄養素を全部紹介!これでドライアイ、眼精疲労におさらば
毎日パソコンやスマホを見続けていると、目が疲れてしまいそのままにしておくと脳や体全体も疲れてしまいます。 パソコンやスマホのよ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする