二日酔いを治す!効果のある予防と対策方法まとめ

ついつい飲みすぎてしまって次の日に必ず後悔してしまうつらーい二日酔い。

あ~飲みすぎた~もう絶対飲みすぎないぞ!

と毎回思うのですが、やっぱり飲むのが楽しくて飲みすぎてしまいます。飲みすぎなければ二日酔いになることもないのですが、自身の持つ分解酵素の量でお酒を少量飲んでも二日酔いになってしまう人もいます。

そんな辛い二日酔いを予防する方法、なってしまってから素早く治す方法について良いと言われている対策を検証し、その効果についてまとめました。最後には一番効果のある方法もお教えしますので、是非二日酔いから回復してください。

二日酔いとは

16d459ecd5a57b85a050e42aa3f10bb7_s
まず二日酔いのメカニズムについて説明します。 二日酔いとは、自分自身の持つアルコールの代謝能力以上のアルコールを摂取し、就寝した翌日に現れる頭痛や吐き気などの不快感のことをいいます。

肝臓が処理できないほどのアルコールを摂取しているためなので、単純に酒量を減らせば二日酔いにはならない他、 お酒を飲む前に肝臓の機能を高めたり、胃腸を保護することによってある程度の対策をすることは可能です。

「酔い」のメカニズム

お酒を飲むと、胃で吸収された後に肝臓で毒性の強い「アセトアルデヒド」に分解されます。その後、次に酢酸に分解され、尿や汗となって体外へ派出されます。

アルコールが分解される速度は一定なので、個人の持つ分解能力より速いペースでお酒を飲んだり、許容量よりも多い量を飲んだりすると分解できなかったアルコールやアセトアルデヒドが血液から全身にまわり頭痛や吐き気などを引き起こします。

お酒を飲んだ時の分解のされ方のフロー図

お酒を飲む前や、飲んでいる時の二日酔い対策

牛乳を飲む

評価 △

「牛乳を飲むと胃に膜を張ってアルコールの吸収を遅くする」という話は有名ですが、 最近では膜は張らない or 別の水分で流れるという説が有力です。ただし、乳製品のたんぱく質はアルコールの分解を促すので、お酒を飲むときにチーズなどをつまみにするのはいいでしょう。

ウコン(クルクミン)を飲む

評価 △

ウコンに含まれる栄養成分のクルクミンは、肝機能を高め胆汁の分泌を促進する効果があります。 解毒作用が強化されるので二日酔いの解消に役立つとされています。しかし、最近の研究ではクルクミンは消化管から十分に吸収できないと言われており、ウコンドリンクにはアルコール解毒などの効果が薄いと言われています。 通常のウコンではなく吸収率の良いウコン製品であれば効果は期待できるでしょう。

胃腸薬を飲む

評価 ◯

キャベジンやソルマックなど二日酔いに効果がある胃腸薬がコンビニなどでも気軽に手に入ります。 胃腸薬は飲む前でも、飲んだ後でも効き目はあるでしょう。ただし、二日酔い自体を治すわけではなく、吐き気やむかつきを治すのでこれらの症状がある人には効果的でしょう。

ヘパリーゼを飲む

評価 ◎

新鮮な哺乳動物のレバーを消化酵素で加水分解したものでアミノ酸やタンパク質の合成に 必要な核酸を含むため、飲む前や飲んだ後にも効く医薬品です。ヘパリーゼはコンビニに売られている医薬品ではないものもあるので注意です。必ずドラッグストアで医薬品と表記のあるものを使ったほうが効果がでやすいでしょう。

ハイチオールCを飲む

評価 ◎

ハイチオールCはシミ・ソバカスを防ぐことで有名ですが、発売された当初は二日酔いの薬として出されていました。 Lシステインという物質が肝臓の負担を和らげます。口コミなどでも効果があると言われていますが、相性があるので万人に効くかは?です。もちろん相性が合えば効果は高いので試してみる価値は十分あります。

おつまみを工夫する

評価 ◎

空腹時の飲酒を避けることは悪酔いを避けたり二日酔いにならないためのセオリーです。特にいいおつまみは豆腐や枝豆は良質なたんぱく質で、アルコールの代謝に役立ちます。 またアーモンドやカシューナッツなどのナッツ類は、肝機能の低下を防ぐので二日酔い対策にはいいでしょう。

二日酔いから早く回復するには

ひたすら寝る

評価 ×

ひたすら寝ることは二日酔いによいと思われていますが、寝るとアルコールの代謝が起きているときの二分の一になります。二日酔い対策で、ひたすら寝た方がいいという情報もたまに見ますが、早く回復するためには寝ずに起きていた方がいいようです。

運動をして汗をかく

評価 △

汗をかいて毒素を排泄することは二日酔いからの回復を促しますが、 脱水症状になる恐れがありますので水分を十分に補充してから行ってください。危険もある上に結構つらいので二日酔い対策に一定の効果はありますが、あまり進められる方法ではありません。

ぬるめの風呂に入る

評価 △

ぬるめのお湯に入ることで体の血行をよくし発汗を促しますので、体内のアルコールなどの毒素を1/3程度まで排出することができます。シャワーでも一定の効果があります。これも脱水症状が起きる心配があるので水分を十分に摂ってから行ってください。

サウナに入る

評価 ×

サウナに入ることで身体全体の血流がよくなりますが、汗で水分が大量に失われるのでよくありません。また代謝で弱っている心臓に負担がかかるので二日酔い対策としては避けた方がよいでしょう。

迎え酒を飲む

評価 ×

迎え酒は血糖値を上げてアルコールにより中枢神経を麻痺させるので、一時的には体調がよくなったような気がします。 しかし、肝臓にさらなる負担がかかるので避けた方がよいでしょう。

ヘパリーゼなどのドリンク剤を飲む

評価 ◎

お酒を飲む前に飲んでも効果がありますが、胃腸薬やハイチオールC、ヘパリーゼなどは、お酒を飲んだ後でも肝臓の機能を向上されるため有効です。二日酔いになりそうなとき、なってしまったときにには早めに飲むと対処することができます。

シジミの味噌汁を飲む

評価 ◯

シジミには、良質のたんぱく質を含み造血作用のあるビタミンB12、 肝機能を向上させるタウリンなどの肝臓に良い成分が多く含まれています。また、アミノ酸であるオルニチンも含まれておりアンモニアを分解したり、肝機能を保護したりします。味噌汁にもアルコールが溜まることを防ぐなどの効果があるので、シジミ単独ではなく、しじみ+味噌汁がいいようです。

水を飲む

評価 ◎

肝臓がアルコールを代謝するときには大量の水分を使います。 特にビールは利尿作用が強く体内の水分がすぐに失われてしまうので体内には多くの水が必要となります。体内に十分な水分がないと、アルコールを分解できずに毒素が溜まってしまうので水を飲むことは二日酔い対策にかなりの効果があります。安価で手に入れやすく効果も高いので、まずは水をたくさん飲むことを第一にしてください。

スポーツドリンクを飲む

評価 ◯

水と同じく水分補給が目的ですが、不足しているミネラルなどを補うため通常の水よりお勧めです。ただし、お酒を飲んだ直後はアルコールの吸収を早めてしまいます。さらに翌朝の低血糖状態も回避できるので飲んだ次の日の水分補給に限って有効です。

グレープフルーツジュースを飲む

評価 ◎

グレープフルーツに含まれる「フルクトース」という果糖は、アセトアルデヒドの分解をサポートします。またアルコールの分解で失われている水分やビタミン、カリウム、ミネラルを補充するため有効です。ジュースでなく果実を食べるのでもよいでしょう。

コーヒーを飲む

評価 △

カフェインの作用により目覚めや利尿効果、頭痛の解消効果があると言われています。しかし、コーヒーの作用は酔いの状態や飲む人によっては頭痛や吐き気が悪化することもあるので賛否が分かれます。頭痛がひどい時は水分不足がほとんどなのでできれば水を摂る方がお勧めです。

緑茶を飲む

評価 ◎

緑茶に含まれるビタミンCがアセトアルデヒドを分解する作用があり、タンニンがアルコールの代謝を促します。また、カフェインも含まれるので血液中のブドウ糖を増やしアセトアルデヒドの分解を高める効果が期待できます。

柿を食べる

評価 ◯

緑茶と同じように、ビタミンCを多く含み、タンニンなども含まれています。 また、カタラーゼという酵素もアルコールやアセトアルデヒドの分解を助けます。

ハチミツを食べる

評価 ◎

全米頭痛財団(National Headache Foundation/NHF)は、「二日酔いの頭痛を解消する最も効果的な方法は、はちみつを摂取することである」と発表しています。二日酔いの頭痛は果物にはないハチミツに含まれる果糖の一種がアルコールを分解し頭痛を軽減させるということです。飲む前でも飲んだ後でも少量のハチミツいりクッキーやハチミツ入りのお湯など方法は問わないようです。

トマトを食べる

評価 〇

トマトにはリコピンという成分が含まれていますが、そのリコピンがアセトアルデヒドを抑える作用があるということです。さらにトマトを食べると血中のアルコール濃度が薄くなる研究結果もあるので、飲む前、飲んだ後にでも効果があります。カクテルなら「レッド・アイ」などは悪酔いしにくいということでしょうか。

梅干しを食べる

評価 〇

梅干しには胃腸の粘膜を保護する働きがあるので特にお酒を飲む前には胃の粘膜が保護されるコールの刺激を緩和してくれます。二日酔いになった後でも、胃の粘膜を修復してくれる上に、梅干しはアルカリ性なので体がアルカリ性になり二日酔いの回復を早めるといわれています。

二日酔いの頭痛を治す音楽!?

2015年の1月に放送されたフジテレビのホンマでっか!?TVで痛みと音楽について解説していました。 音楽評論家の藤本幸弘さん曰く、クラシック音楽の「白鳥」を聴くと頭痛が抑えられるということです。

この曲は頭痛を抑えるためのメカニズムが多く、副交感神経を高めることでリラックスし痛みが軽減されるというのです。私も実際に二日酔いのときに聞いてみましたが。。効いているようないないような。はっきりと治った!という感じではありませんが、幾分緩和されたような気にはなりました。

二日酔いで頭が痛くて苦しい時には、ただ休むのではなく「白鳥」を聴きながら休むと早くよくなるかもしれません。

評価順のまとめ

ページが長くなってしまったので、再度評価が高いものだけを抜粋しました。

この評価は実際に口コミで回復したとの報告が多いものを高評価にしています。なので人によっては自分的には、〇〇のほうが効くのにということもあるかもしれません。その人の相性によっては一番効くものは違いますので、自分に合った方法を見つけるヒントとして位置づけてください。

方法 評価 備考
常に水を飲む 手軽、安価、確実の3拍子揃ったエース、できれば温かい方が良い
ヘパリーゼを飲む 医薬品を飲むのがポイント
ハイチオールCを飲む 二日酔いの薬だけあって効果は高い
緑茶を飲む カテキン、ビタミンCなどがアルコールに対応
グレープフルーツジュースを飲む 果糖が二日酔いに良い水分の摂取も○
ハチミツを食べる ハチミツに含まれる果糖が二日酔いの頭痛を軽減させる


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする