加齢臭を予防する!目からウロコの対策方法を一挙公開

加齢臭を予防する食事

加齢臭を予防するには、体の内側が大切です。表面的に、ミョウバンを塗ったり石鹸で洗ったりも有効ですが、食事を改善すると根本的な加齢臭対策になります。

加齢臭のもととなる物質ノネナールを抑えるには、抗酸化作用のある食べ物をとることが大切です。

抗酸化作用の強い栄養素
ビタミンC(レモン、キウイなど)
ビタミンE(ナッツ類、ブロッコリーなど)
セレン(大豆、玉ねぎなど)
リコピン(トマト、すいかなど)
ポリフェノール(赤ワイン、ブルーベリーなど)
イソフラボン(大豆、豆腐など)
ペクチン(りんご、みかんなど)

抗酸化作用が強いおススメの食べ物

納豆

納豆は調理不要でそのまま食べられる上に、ビタミンC、ビタミンE、イソフラボンやセレンを含むため加齢臭対策にいい食べ物です。腸内環境も良くしてくれるため加齢臭対策にはうってつけの食べ物と言えるでしょう。

ソバ

ソバには、ルチン、ケルセチンといった抗酸化作用の強い成分が含まれているため活性酸素を抑えることができます。ゆでるだけで自分でも手軽に作れるので一人暮らしの方にもいいでしょう。

おやつやデザートに食べたい食材

抗酸化作用が強く、活性酸素を抑える作用があるのがバナナやアボカドなどのフルーツです。特にバナナは一年中手に入る上にポリフェノール、リコピン、βカロテンなど様々な抗酸化成分が含まれています。

・バナナ
・アボカド
・アーモンド

普段の飲み物にするなら

緑茶

緑茶に含まれるカテキンはポリフェノールの一種。カテキンには、活性酸素の活動を弱めて酸化を防止する作用があります。

お酒はやっぱりはずせない場合

赤ワイン

お酒を大量に飲むことは加齢臭を促進させる原因ですが、程度な飲酒は活性酸素を減少させ酸化を防止します。お酒の中でも赤ワインは、抗酸化作用のあるポリフェノールを多く含むので活性酸素を防止する効果があります。

香水は加齢臭対策になる?

加齢臭を香水で上書きすることはできません。これは、悪臭がするところにいい匂いを混ぜるといい匂いだけがするのか想像してもらえばわかると思います。結果は両方の香りが混じり合って不快なにおいになってしまうのです。

加齢臭で悩んでいるならば、まずは加齢臭を消さなければなりません。加齢臭を招集して無臭になった状態で香水をつけると香水の素敵な香りだけを漂わせることが可能になるのです。

ミョウバンで加齢臭対策

myo加齢臭対策でよくでてくるミョウバン。ミョウバンを皮脂が出やすい箇所に塗っておくと加齢臭を防げて効果も抜群です。

ミョウバンは、漬物や制汗剤などいろいろな用途に使われるため薬局やスパーでも気軽に手に入れられます。

加齢臭対策でミョウバンを使うには、ミョウバン5gに対して水150mlを混ぜてミョウバン水を作ります。ミョウバンは水に溶けにくいので、混ぜた後に一晩放置しておくときれいにすべて溶けます。

このミョウバン水を汗をかきやすい場所や、皮脂腺の多い場所に塗ることで加齢臭や汗の対策になります。一度塗ってしまうと6時間程度は持続するので一日に2~3回塗ると1日中加齢臭を気にしなくともよくなります。

なお、作成したミョウバン水は1週間ぐらいで効果がなくなりますので、大量に作り置きをせず、1週間に1度ぐらいずつ作り変えるとよいでしょう。

若い世代にも増えている加齢臭

加齢臭は通常は40代ぐらいから出始めるのですが、最近は20~30代という若い世代でも加齢臭が出始める人も増えています。原因は食生活や運動不足、飲酒や喫煙など様々です。早めにケアすれば臭いを抑えることもできるので、まだ加齢臭が出るには早いのではないかと思う人は、以下の記事の対策を行ってください。

前ページ:加齢臭を予防する!目からウロコの対策方法を一挙公開
次ページ:20~30代でも加齢臭が出始める原因と対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする