美脚の人はみんなやってた!自分でO脚を治す方法まとめ

O脚を改善して美脚になった女性

O脚は程度の差こそあれ、日本人のほとんどがあてはまる脚の状態です。

O脚がなんといっても悩ましいのが見た目がカッコ悪いだけではなく、足腰に負担がかかるので「ひざの痛み」「腰痛」などの直接的な痛みが起きることがあります。さらにひどくなると自律神経失調症といった体調不良になることもあるので困りものです。

そんな日本人なら誰もが気になるO脚について現在わかっている最新の情報をもとに、O脚になる原因から自分でできるO脚の治し方までO脚改善の方法をまとめましたのでO脚の改善に役立ててください。

そもそもO脚ってどういう状態?

O脚(おーきゃく)とは両足のくるぶしをつけてまっすぐに立った時ひざがつかない脚の状態です。O脚ではない正常な脚の形の場合には両足のヒザがつくのですが、O脚の場合は脚が外側にゆがんでいるので足全体がアルファベットの「O」のように外側に膨らんでいます。

ちなみに、O脚とよく比較されるのがX脚。X脚はO脚と違い、膝はつくけど、足先が離れてしまう状態です。膝の部分を中心にして、アルファベットの「X(エックス)」のようにクロスします。

O脚 X脚 XO脚の足

O脚の原因

O脚になる原因は一つだけではありません。O脚自体が遺伝するということもありますが、一番多いO脚の原因は日常生活での姿勢や歩き方のクセ、筋肉の衰えなどによって体のバランスが悪くなってしまうことです。

このように人によってO脚になる原因はさまざまですが、骨盤や脚の骨、関節にねじれやゆがみが起こるという点では同じです。例えば、姿勢が悪いと骨盤が傾いたり開いたりします。それによって股関節にねじれが生じ、そのねじれが脚全体のねじれにつながっていくのです。

「ねじれ」が体全体に及ぶと左右のひざの間に隙間ができてしまいます。最初はわずかな隙間ですが、そのまま関節がゆがんだ悪い状態の生活を続けていると膝の外側の骨が出っ張るためO脚の症状が悪化していきます。

O脚は一か所がゆがんでいるのではなく、骨盤・太ももの骨・すねの骨・足の裏のすべてが関連しています。それぞれの骨が外側や内側に曲がることで、股関節・膝関節・足首の関節にねじれが生じ、骨盤と足首の間にある膝部分に強く症状がでるのです。

O脚で起こる問題点とは?

O脚になっても足が少し曲がっているだけなので生活にあまり支障はないのでは?と思うかもしれません。しかし、O脚のまま生活しているとO脚ではない正常な脚の人に比べて健康を害しやすいのです。では、O脚のまま過ごしているとどのような問題が起きるのかを見てみましょう。

疲れやすくなる

O脚では骨盤のゆがみなどで常に重心が外側にかかってしまいます。これでは、脚の外側の筋肉ばかりをつかうので、逆に内側には力がかいらないといったバランスが悪い状態です。脚のバランスが悪くなると今度は上半身でバランスとろうとするため、姿勢が悪いため体内の血液の流れが悪くなり血行不良による疲労が起こりやすくなります。

腰が悪くなる

腰痛の原因はさまざまですが筋肉の劣化によっておこる場合もあります。腿の裏側についているハムストリング、内転筋、脊椎から腰の大腰筋の筋肉が劣化することで腰痛になります。O脚は脚の筋肉のバランスが悪くなるので筋肉の劣化が起こり腰痛になりやすいのです。

関節痛

O脚はひざは外側に湾曲している状態なので膝関節の内側に負担がかかるようになります。ひざに負担がかかったまま歩いたり、走ったりしているとひざ関節の軟骨がすり減っていくので関節に炎症や変形が起きて痛みが生じるようになります。

冷え性

体のバランスが悪く血流がとどこおり血行不良になってしまうと、血液が末梢神経までいきわたらなくなるため冷え性などの問題を引き起こします。血行不良は冷え性の他にも肩こりの原因になることもあります。

下半身太り

O脚の状態になると脚の外側の筋肉を使う頻度が高くなるので太ももの外側、ふくらはぎの外側が筋肉で固くなります。その一方で脚の内側の筋肉を使う頻度が少なくなるので内ももなどに脂肪がつきやすくなり下半身が太る原因となってしまいます。

不妊症

子宮は少しでも位置がずれると機能低下を引き起こします。O脚の人の多くは骨盤がずれているので骨盤に収まっている子宮機能が劣化してしまい妊娠しにくくなってしまいます。

身長が縮む

身長が縮むといういい方は正しくないかもしれませんが、O脚は脚が湾曲している状態なので本来あるべき身長よりも1cm~2cm程度低く見えることになります。また、脚のゆがみだけでなくO脚による骨盤の傾きや猫背の関係からも低く見られます。

日本人がO脚になる原因

o脚の赤ちゃん

O脚はアジアでも多くはなく日本人だけに多い脚の状態で8~9割の日本人はO脚だといわれています。そもそも人種に関係なく世界中の赤ちゃんは生まれたときにはみなO脚です。その後成長して小学生ぐらいになるとO脚は改善されまっすぐな足になるのですが、なぜ日本人だけO脚の人が多いのでしょうか?

それは、以下のような原因のためだとされています。

赤ちゃんのとき早く歩かせる

赤ちゃんはハイハイを始めてからつかまり立ち、そして自分で歩くというステップで歩き始めますが自分で歩きだすのはおおよそ8か月~1歳6か月ぐらいと個人差が大きいです。その際に早く歩いて欲しいと無理に立たせて歩かせると脚に負担がかかるためO脚のまま治らないという説です。

しかし、現在は情報も発達してネットで育児について検索する人も多く、無理に赤ちゃんを歩かせるという人は少なくなっています。それなのに早く歩かせたために日本人の8~9割もO脚というのは真実とは思えません。

人種的な問題

日本人がO脚になる原因として人種的にO脚になりやすいのではないかという説があります。これは、他のアジア人は日本人ほどO脚の率が多くないことから、人種的な問題で日本人だけがO脚になりやすいというのもあてはまらないような気がします。

そもそも、O脚は先天的に骨が曲がっている原因の他、座り方、歩き方、立ち方などによる生活での習慣(クセ)での影響がものすごく大きいため人種的にO脚になりやすいというのも当てはまらないでしょう。

遺伝的な要因

では次に遺伝によってO脚になるといった説はどうでしょうか。O脚は遺伝によって起こる場合もあるし、遺伝ではないがO脚になる場合があります。

先天性の(遺伝による)O脚の場合は、骨そのものが曲がっているので矯正で治すことはできません。例えば、遺伝でO脚になるのは、もともとの骨の形が曲がっている、「くる病」による骨格異常、軟骨無形成症、小人症でのO脚などです。

しかしこれらの疾患でのO脚は多くありません。たとえ両親がO脚であっても生活習慣によってO脚になっているケースがほとんどなので適切に対処できればO脚が治るでしょう。

日常的なクセの問題

猫背でPC作業をする女性

O脚は日常的な座り方などの生活習慣によって起こるため、日本人に多い日常的なクセによってO脚が多いというのは考えられます。はっきりどの習慣によって日本人がO脚が多いのかはわかっていませんが、一番ありえそうなのが呼吸の方法です。

そもそも、日本人は 欧米人と比べて呼吸するための筋肉が4割程劣るといわれています。そのため日常的に呼吸が浅く猫背になりやすい人種といえるのです。人間は正しい姿勢でいるとヒザがまっすぐ伸びたり縮んだりします。

猫背で歩くとヒザを軽く曲げた状態で歩くことになるので、これが長年積もり積もることでO脚になってしまいます。つまり日本人にO脚が多い原因は日常的な姿勢に問題があるためというのがもっとも近いのではないでしょうか。

O脚矯正グッズではO脚は治らない

O脚を治そうと思ったときに思い当たるのが便利なO脚改善グッズ、スリッパやサンダル、ベルトなどさまざまなものが販売されています。大抵のものが「つけるだけ」「履くだけ」と簡単なので試してみたという人もいるかもしれません。

しかし、O脚矯正グッズでは一瞬だけ治ったように見えてもすぐにもとにもどってしまいます。また、もとに戻る以上に悪いのはO脚改善グッズで無理に矯正しすぎてO脚が悪化してしまうということもあるのです。

O脚の原因のほとんどが、日常的な生活習慣などでO脚になっているという場合です。それによって、筋力が衰え体のバランスが悪くなっているというのは先に説明したとおりです。

O脚によって体全体のバランスが悪くなっているので、体全体のゆがみを修正しないといけないのにO脚矯正グッズは足首や脚だけを矯正するので筋肉や股関節を痛める原因となってしまうのです。

特にサンダルやスリッパ、骨盤矯正などの一部だけを矯正するものはO脚を悪化させることもあるので気を付けた方がいいでしょう。

O脚の改善方法まとめ

O脚は、ひどくなければそのままにしていても日常生活に支障を感じることは多くないと思います。しかし、日常的に体のバランスを崩す原因なのでO脚を改善することで体調がよくなるといったこともありえます。

もし、原因がよくわからないが慢性的に疲れやすい、なかなか妊娠しない、腰痛がある、ヒザ痛があるなどの症状があるならば、O脚を改善してみるのもいいでしょう。

O脚を治す方法は、お金がかかるものから自分一人でできるものといろいろあります。しかし一度治ったからといっても日々の生活習慣が悪いとまたもともO脚に戻ってしまいます。O脚でないキレイでスラッとした脚をつくるため、O脚改善の方法を意識して実践してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする