二日酔いにならないお酒の飲み方!これで二日酔いとはオサラバ

お酒を飲むと楽しくなるので、ついつい飲みすぎて二日酔いになってしまうことはよくあることです。二日酔いになってから対処してもいいのですが、どうせなら二日酔いにならないようなお酒の飲みかたをしっておくと翌日辛い思いをせずにすみます。

少し注意することで簡単に二日酔いは防げます。今日から実践してみてください!

自分の適量を知ろう

二日酔いや悪酔いを防ぐ一番簡単な方法は自分の限界量を知ってそれ以上飲まないことです。「それができたら苦労しないよ」といわれそうですが、とりあえず基本ということで覚えておいてください。

ちなみに、アルコールの抜ける時間などは体重別になっていることがほとんどです。計算式もあるので、それらの計算式から大体の酒量が
わかります。

また、自分の適量は翌日お酒が残らないぐらいの量です。これは人によって異なるので実際に一人で家で飲んで適量を確かめておく必要があります。

二日酔いを防止するお酒の飲みかた

では実際に二日酔いにならないために、お酒を飲むときに気を付けるべきことを紹介します。

1.食べながら飲むことを習慣とする

おつまみを食べがらお酒を飲む人がほとんどだと思いますが、お酒をよく飲む人ほどおつまみを食べずにひたすらお酒だけを飲むという人もいます。しかし、これは肝臓に負担をかけるので二日酔いになりやすくなります。

当然、すきっ腹で何も食べていない所にお酒を大量に流しこむことも同じです。胃になにも入っていない状態でお酒を飲むとアルコールの吸収する速度が格段に速くなり血中濃度が急激に高まるため酔いやすくなります

最初は乾杯をしてからお酒、おつまみを食べることが多いと思うので先にお酒を飲むことは仕方がありませんが、スグにグビグビと一気に飲み干すのはやめた方がいいでしょう。

また、おつまみは偏った種類のものばかりでなくいろいろなものを食べることが大事です。 おつまみには、それぞれ二日酔いにいい栄養素も含まれているので、アルコールの分解に必要なビタミン類やタンパク質なども補給できます。

二日酔いを予防できる肝臓にいいおつまみについてはこちらを参照してください。
肝機能がグングン向上!肝臓にいい食べ物とは

2.ゆっくりとしたペースでお酒を飲む

酔いの原因は血液中のアルコール濃度が急激に上昇することです。お酒を飲むペースが速いと肝臓で処理できる範囲を超えてしまい血中アルコール度濃度が急激に高まります。アルコールの吸収は非常に速いので、お酒を飲むとすぐに血液中に吸収されてしまうのです。

血液中に入り込んだアルコールは、肝臓で処理され残りは尿や息、汗などから排出されます。アルコールの吸収はとても速いのに、アルコールを分解する速度は遅く、日本人の場合はウイスキー一杯が1~2時間ぐらいかかってしまうのです。

3.とにかく飲みすぎないこと

アルコールを飲むペースが速すぎることもいけませんが、飲みすぎることももちろんよくありません。ゆっくりお酒を飲んだとしても、自分が処理できるアルコールの量を超えてしまえば血中にアルコールが流れ出してしまうためです。

お酒の適量とは一般的にいうと、1日に純アルコールが約20g~30g程度です。これは、ビールに換算すると500ml、日本酒1合、焼酎110ml、ウイスキー60ml程度です。

これらの量だと飲み会などではすぐに終わってしまいます。その場合は、できるだけ時間をかけて飲むようにしましょう。体重60kgの男性で1時間に7g程度処理できると言われていますので、数時間かけてゆっくり飲めば処理しつつ飲むことで悪酔いを防げるでしょう。

4.日常から二日酔いをしない体づくりをしておく

何度もお酒を飲めば感じると思いますが、その日の自分の体調により酔いやすかったりたくさん飲めたりすることがあります。これは、肝臓の働きの違いです。お酒を毎日続けて飲んでいたり、睡眠不足などで体調が悪いときは肝臓の働きも鈍っています。

肝臓の働きが鈍い時にはアルコールを十分に処理できないため酔いが早くなってしまいます。悪酔い・二日酔いをしないためにも、日ごろから体調を整えておきましょう。

二日酔いしない効果的な方法

ここまで、二日酔いにならないための方法を紹介しましたが、実はもっと良い方法があります。それは、お酒を飲んでいる合間、合間に水を飲むことです。

どうしても二日酔いになりたくない!という時には、お酒を飲む前、お酒を飲んでいる最中、お酒を飲んだ後にこまめに飲みましょう。水は、お酒を飲む前にペットボトル1本、飲んでいる最中はお酒の量に比例して同等の量をチェイサーなどで飲みます。

水を飲む理由はアルコールを分解するためには大量の水を使用するためです。特にビールには利尿作用があるので水分が足りなくなってしまいます。水を大量に摂取することでアルコールの吸収速度を抑え水分不足でアルコールの代謝が遅れることを防ぎます。

また、二日酔いのときの頭痛は水分不足からくるのでそれを防ぐこともできます。ただし、この水をのという方法はビールを飲むときの爽快感が失われることや、飲む前や後に水を飲むのが非常に面倒です。

なので、明日は重要な用事があるので二日酔いはしたくないけど飲み会があってまずい!というような場合に乗り切るための方法として覚えておくといいでしょう。

二日酔いのときの対処法

どんなに気を付けていても、体調やお酒の種類などでどうしても二日酔いになってしまうことはあります。二日酔いになってしまったら眠らずに水を補給し続けるのがいいでしょう。眠ってしまうと体のアルコール代謝能力が半分になってしまいます。

その他、お酒を飲みすぎて二日酔いになってしまった場合の詳しい対処方法は以下のページで紹介しています。
二日酔いを治す!効果のある予防と対策方法まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする