精神安定には腸内環境を整えることが重要な理由

腸を元気にすると便秘や下痢にいいだけではなく、免疫力が高まるので風邪になりにくいなど他の病気にも有益だと知っていますか?

免疫力が高まるので他の病気にもいいというのは最近では有名になってきたので知っている人も多いかと思います。

しかし、腸内環境がヒトの精神を安定させたり不安定にさせたりすることもあることを知っていますか?最近の研究では、腸内環境を整えることで精神疾患や自閉症、うつ病などの改善になるということがわかってきました。

腸は第二の脳だった

腸は「第二の脳」といわれています。腸には脳の次に神経細胞が多く存在し、さらに脳などの中枢神経にしか存在しないはずの「セロトニン」という物質が腸にもあるということがわかっています。

セロトニンは主に脳内に存在する情報伝達物質でセロトニンが体内で正常に作られていると精神的に落ち着いた状態になります。精神が安定していない状態とは脳のセロトニンの量が少ないということなのです。

また、セロトニンには精神を安定させる作用だけではなく頭の回転をよくしたり、直観力を高めるなどの社会生活を営む上で大切な要素にもなっています。




腸内環境を整えると脳のセロトニンの量が増える

腸内には人体に存在しているセロトニンの90%以上を占めるといわれています。しかし、腸内のセロトニンは主に腸のゼンドウ運動を制御することが働きで精神を安定する作用はありません。

さらに、腸内のセロトニンは脳へ直接移動することができないので脳のセロトニンが不足していたとしても腸内のセロトニンでまかなうことはできません。

では、腸内のセロトニンは精神安定に関係がないかというとそうではありません。腸の蠕動運動が正常に行われることで脳内のセロトにの合成が促進される作用があるので間接的にですが脳のセロトニンを増やすことになります。

腸以外でセロトニンを増やすには

セロトニンを増やすには朝の光を浴びることが重要です。朝起きてから30分以上朝日を浴びることが望ましいです。通勤、通学時にはなるべく日が当たる道を通るなどの工夫をしてみてください。

セロトニンを増やすには他にも以下のようなことが挙げられます。

体操をする
散歩やジョギング
ガムや食事をよく噛む
腹式呼吸

ストレスは腸内環境を悪化させる

腸と脳は密接な関係があるため、腸内環境が脳内の神経伝達物質に影響を与えるのとは逆に、ストレスがかかると腸内環境も悪化します。

あなたも、緊張や寝不足などでストレスがかかったときにお腹が痛くなっって下痢になったり反対に便秘になってしまったことがありませんか?

腸と脳の関係性が大きいため脳にストレスがかかると自律神経のバランスが乱れて腸内環境が悪化してしまうのです。

このことからも、腸内環境を整えることが精神を安定させるために重要だとわかります。

腸内環境に精神安定が関係するのはマウス実験で確認済み

腸内環境によって精神が安定するというのは、マウスによる実験でも明らかにされています。 ストレスをかけて精神が不安定になっているマウスの腸内フローラと活発で好奇心旺盛なマウスの腸内フローラを移植したところ、臆病で精神が不安定だったマウスの性格が改善されたという報告があります。

この実験で明らかになったことは、腸内環境が性格や精神の安定に関係性があるということです。イライラして精神的に不安定ならば腸内環境を整えることで改善できるかもしれないということです。

腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには、食生活を改善することが一番早いでしょう。腸内環境によい食べ物というのは発酵系の食べものです。以下のような食べ物が腸内環境を整えるのに役立つでしょう。

ヨーグルト
味噌
納豆
キムチ
チーズ

特におすすめなのがヨーグルトです。一度に大量に食べても意味がないので、毎日少しでも食べることを習慣づけるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする