疲労回復にはリラックスが最適

疲労回復の為にリラックスしよう

疲労回復する為には、心身のリラックスがとても大切です。リラックスする為の方法は、ゴロゴロと横になっている方法だけではありません。お風呂は大変にリラックス効果が高く、筋肉を緩ませ血行改善もしてくれます。血行が良くなると体内の老廃物を排出させやすくなり、神経の緊張をほぐす効果も期待できます。入浴の際は、ぬるめのお風呂にゆっくりと入りリラックスに努めましょう。

お湯の温度は、38度から40度がリラックス効果が高く副交感神経が優位になるとされています。副交感神経は疲労回復作用をする自律神経なので、疲労を回復する為には副交感神経の活動を活発にさせる事が大切です。

お風呂の中では、マッサージやアロマを楽しむとより効果的です。また、入浴剤に変化を持たせて入浴するのも良いでしょう。浴室で間接照明などを使用するのも、リラックス効果を高めてくれます。自分に合った入浴方法を探して、リラックス効果を高めていきましょう。

副交感神経の働きを促して疲労を回復させよう

自律神経には、交感神経と副交感神経が存在しています。交感神経は活動している昼間に活発で、副交感神経は活動が穏やかになる夕方頃から活発になります。副交感神経はリラックス作用もあるので、疲労回復につながるとされています。

また副交感神経は、筋肉をゆるめ血管を広げ、心拍を穏やかにし臓器を活発に働かせます。しかし、交感神経が活発に働いていると緊張状態が続き、副交感神経の働きが十分に作用しません。副交感神経を活発にさせる為には、入浴の際に湯船につかり、適度な運動を心掛けましょう。また、睡眠時間を6時間以上とる事も大事です。

さらに、3食きちんとなるべく決まった時間に摂取するようにします。また、薬指以外の両手の指の爪の付け根部分にあるツボを指で10秒ほど押して刺激すると良いでしょう。痛みを少し感じる程度おこないます。さらに、首をゆっくり前後左右に5回程度回すとリラックスでき、副交感神経を優位にする効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする