疲労回復にいいサプリ!身体的・精神的な疲れは同じ原因だった

疲労を回復するサプリメント疲労の回復方法は様々なものがあり、大きく分けると栄養の補給と休息(睡眠)によって疲労が回復できることがほとんどです。

栄養も休息も十分!それでも「なかなか疲れがとれない」「疲労が蓄積している」という場合には、その疲れの原因がなにからきているのかを認識することで対処法がわかります。

とはいっても、その疲労が目からくる疲労(眼精疲労)なのか、肝臓が疲れているのか、それとも身体的、肉体的に疲れているのかを自分で正確に把握するのは結構難しいと思います。

疲労の原因がわからないと、無駄な疲労回復の方法を行って「疲れがとれない。。。」と嘆くことになります。よくあるのが、ビタミンは足りているのにビタミンBが配合されている市販薬を一生懸命摂る、睡眠の質が悪いために疲れているのに肉体的な疲れをとるような栄養素や成分をとってもあまり意味がないでしょう。

特にストレスから来ている疲れはやっかいです。ストレスが疲れの一番の原因なのにストレスの原因を取り除かずに対処的に栄養ドリンクや睡眠、休息だけをしていても疲れをとることは難しいのです。

こういった疲労がどこからきているかわからない場合には、疲労回復方法を自分でいろいろと試していくしか方法がないので根気よく疲労の原因を探してみてください。

市販薬や栄養ドリンクは、即効性がありますが一時的に疲労回復をするだけの商品が多いのでこのページで紹介するのは、慢性的に身体・精神が疲れている人にいいサプリメントが中心です。

身体的・精神的な疲労の回復

疲労には大きく分けると、スポーツをしたときのような体や筋肉を動かしたときに疲労を感じる身体的な疲労と、人間関係や仕事のプレッシャーやストレスなどで感じる精神的な疲労の2種類があります。

この2つの疲労は別の原因のように感じますが、近年の研究では疲労としては同じと考えられています。疲れを感じるのに深くかかわっている物質は「活性酸素」です。

運動やストレスによって、細胞が使われるとエネルギーを作るために多くの酸素が必要になります。そうすると、活性酸素が増えるようになります。

活性酸素が増えすぎると、活性酸素を除去するための抗酸化力がおいつかなくなり、栄養をうまく運べなくなってしまいます。そのような状態になるとエネルギーが十分に作られなくなり「疲労」という状態になるのです。

疲労回復には、十分な休養、バランスのよい栄養、ストレスの解消などの方法があります。しかし、日常的に疲労が重なって慢性的な疲労状態になると、別の病気になってしまうこともあります。

肉体的でも精神的でも、疲労を感じたら十分な栄養と休息をとって疲れを残さないことが毎日を健康に過ごすために大切なことです。

サプリに頼らずスグにできる疲労回復の方法も紹介しています。
疲労は簡単に回復できる!6つの即効回復法

身体的、精神的な疲労を回復するサプリ

黒酢にんにく

疲労回復、血液サラサラなど健康維持のサプリとして有名な「黒酢にんにく」。黒酢には、疲労回復に役立つクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれています。ニンニクには、疲労回復にいいビタミンB1とそれを維持するアリシンの作用、さらに強力な殺菌作用と代謝作用によって疲労を回復します。

黒酢にんにくサプリのいいところは、科学的に合成されたものではなく天然由来の成分を使うので、アミノ酸、アリシン、ビタミンB1の他にも健康に役立つ成分を十分に摂ることができます。疲労回復に加えて、生活習慣病や健康維持を同時に行いたい場合にいい組み合わせです。

黒酢にんにくをサプリで摂るなら
三黒の美酢三黒の美酢(さんごくのみず)【黒酢・黒にんにく・ DHA&EPA配合】

黒にんにく系のサプリは多数ありますが、口コミやレビューで評価が高く実績があるのが、三黒の美酢です。自然素材の黒酢、黒にんにく、黒卵黄油と疲労回復にいい成分を豊富に配合しているので、毎日だるく、スッキリしない、なんとなく元気がないという人は重い身体が軽くシャッキっとを実感するという特徴があります。

コエンザイムQ10

抗酸化作用のある栄養素として数年前にカルニチンやαリポ酸などと共に爆発的に人気になりました。コエンザイムQ10は、抗酸化作用があるため疲労回復のほか、美容にもいいので疲労回復と同時に美容にもいい成分を摂りたい場合には効果的でしょう。

コエンザイムQ10は牛や豚の心臓、レバーなどに多く含まれますが、日本人はこれらの食品の摂取機会が多くないので人によっては、ほとんど摂取できないため栄養素が不足している場合も多いです。

コエンザイムQ10をサプリで摂るなら
ステラの贅沢CoQ10吸収率に優れた還元型コエンザイムサプリ【ステラの贅沢CoQ10】

イミダゾールジペプチドをサプリメントで摂取しようとするなら、このイミダペプチドが品質、配合量ともに一番優れています。Amazonでもイミダゾールペプチド系のサプリを販売していますが、ほとんどがイミダゾールペプチド含有エキス配合というもので、この「エキス」では疲労回復に必要な成分の量がまったく足りていません。

ビタミンC、B群

ビタミン類の不足は身体的な疲労につながりやすく、特にビタミンB群が不足すると食事などで得た栄養素を効率的にエネルギーに変換する作用が滞り、結果的にエネルギーが不足し十分に産出されないため疲労を感じるようになります。

特に疲れを感じやすい30~40代ではビタミンB群が推奨摂取量に満たないとの統計もあり、不足を補うことで疲労が回復するというケースも多々あります。市販の疲労回復薬はビタミンBの補充を目的とするものもあり、疲労にいいとされる豚肉、うなぎなどもビタミンB群が豊富な食べ物です。

クエン酸

以前は、疲労回復といえばクエン酸と言われるほど常識でした。しかし、今では乳酸は疲労の原因ではなく疲労を回復させるための物質という説が濃厚になっています。とはいえクエン酸が疲労回復に効果がないかといえばそうではありません。

さきほど紹介したように、疲労は「活性酸素による酸化ストレスでの細胞のダメージ」ということですが、このダメージを受けた細胞を修復するのにアデノシン三リン酸(ATP)というエネルギー源が必要となります。

ATP産出するにはATPサイクルが重要でこのサイクルをクエン酸の作用で活性化させ疲労のダメージを回復させるといわれています。

イミダゾールジペプチド

疲労回復に効果がある成分として近年注目を浴びているのが、このイミダゾールジペプチドです。イミダゾールジペプチドは、カフェインやタウリンなどの栄養ドリンクに配合される一時的な疲労回復効果ではなく、活性酸素に直接働くので長期的に疲労の回復を期待できます。

サプリメントで摂る場合は、イミダゾールジペプチドの含有量が1日分で200mg以上のものを選ぶ必要があります。よくあるイミダゾールジペプチド含有エキスという表記のものは、イミダゾールジペプチドの成分が200mg入っているわけではありませんので注意してください。

イミダゾールジペプチドをサプリで摂るなら
イミダペプチド疲労回復のサプリ イミダペプチド

イミダゾールジペプチドをサプリメントで摂取しようとするなら、このイミダペプチドが品質、配合量ともに一番優れています。Amazonでもイミダゾールペプチド系のサプリを販売していますが、ほとんどがイミダゾールペプチド含有エキス配合というもので疲労回復に必要な量がまったく足りていません。

漢方・生薬で疲労回復

体質的に疲れやすい、胃腸が弱いなどの影響で疲れが溜まりやすいという人は根本的に漢方や生薬の力で疲労が蓄積しないような体づくりを目指すことも可能です。漢方では複数の生薬を組み合わせることで、気の流れを整え体質を改善していくことが目的なので慢性的な疲れや以前から疲れることが多いという人に向いています。

滋養強壮・虚弱体質への効果を期待するなら
幸健生彩

胃腸障害や虚弱体質など、もともと疲労をしやすい体質ならば薬用養命酒でおなじみの養命酒酒造から販売されている「幸健生彩」が適しています。幸健生彩は自然の生薬6種類にタウリンやビタミンを同時に配合していることが特徴です。この「幸健生彩」はサプリメントではなく、指定医薬部外品ですが、あの養命酒製造が疲労回復に効果的なタブレットを出しているためオススメします。

その他の疲労回復法

慢性的な長期の疲労回復はサプリメントで根本的に対処することもできますが、サプリメントの場合はある程度の時間とお金がかかります。あまりお金をかけたくない場合やなるべく早めに疲れをとりたい場合には、別の方法も紹介しているので以下の記事をご覧ください。

疲労は簡単に回復できる!6つの即効回復法
疲労回復にいい食べ物!状況別の対処方法を大公開

その疲れは目からきているのかもしれません!毎日のようにパソコンやゲーム、スマホなどのブルーライトを浴びる生活をし続けていると目の疲れから体全体に疲れがきているという場合もあります。いろいろな疲労回復方法を試してもいまいち疲れが抜けないという人は目をケアすることも大切です。

眼精疲労(目の疲れ)解消法と予防法の秘策を公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする