疲労回復のサプリの選び方:疲れの種類別

疲労を回復するサプリメント疲労の回復方法は様々なものがあり、大きく分けると栄養の補給と休息(睡眠)によって疲労が回復できることがほとんどです。

栄養も休息も十分!それでも「なかなか疲れがとれない」「疲労が蓄積している」という場合には、その疲れの原因がなにからきているのかを認識することで対処法がわかります。

とはいっても、その疲労が目からくる疲労(眼精疲労)なのか、肝臓が疲れているのか、それとも身体的、肉体的に疲れているのかを自分で正確に把握するのは結構難しいと思います。

疲労の原因がわからないと、無駄な疲労回復の方法を行って「疲れがとれない。。。」と嘆くことになります。よくあるのが、ビタミンは足りているのにビタミンBが配合されている市販薬を一生懸命摂る、睡眠の質が悪いために疲れているのに肉体的な疲れをとるような栄養素や成分をとってもあまり意味がないでしょう。

特にストレスから来ている疲れはやっかいです。ストレスが疲れの一番の原因なのにストレスの原因を取り除かずに対処的に栄養ドリンクや睡眠、休息だけをしていても疲れをとることは難しいのです。

こういった疲労がどこからきているかわからない場合には、疲労回復方法を自分でいろいろと試していくしか方法がないので根気よく疲労の原因を探してみてください。

今回は、さまざまな疲労の原因別に疲労を改善するのにいい栄養素、サプリメントを紹介します。

市販薬や栄養ドリンクは、即効性がありますが一時的に疲労回復をするだけの商品が多いので特に慢性的な疲れ、疲れにくくするためのサプリメントが中心です。

身体的・精神的な疲労の回復

疲労には大きく分けると、スポーツをしたときのような体や筋肉を動かしたときに疲労を感じる身体的な疲労と、人間関係や仕事のプレッシャーやストレスなどで感じる精神的な疲労の2種類があります。

この2つの疲労は別の原因のように感じますが、近年の研究では疲労としては同じと考えられています。疲れを感じるのに深くかかわっている物質は「活性酸素」です。

運動やストレスによって、細胞が使われるとエネルギーを作るために多くの酸素が必要になります。そうすると、活性酸素が増えるようになります。

活性酸素が増えすぎると、活性酸素を除去するための抗酸化力がおいつかなくなり、栄養をうまく運べなくなってしまいます。そのような状態になるとエネルギーが十分に作られなくなり「疲労」という状態になるのです。

疲労回復には、十分な休養、バランスのよい栄養、ストレスの解消などの方法があります。しかし、日常的に疲労が重なって慢性的な疲労状態になると、別の病気になってしまうこともあります。

肉体的でも精神的でも、疲労を感じたら十分な栄養と休息をとって疲れを残さないことが毎日を健康に過ごすために大切なことです。

身体的、精神的な疲労を回復するサプリ

黒酢にんにく

疲労回復、血液サラサラなど健康維持のサプリとして有名な「黒酢にんにく」。黒酢には、疲労回復に役立つクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれています。ニンニクには、疲労回復にいいビタミンB1とそれを維持するアリシンの作用、さらに強力な殺菌作用と代謝作用によって疲労を回復します。

黒酢にんにくサプリのいいところは、科学的に合成されたものではなく天然由来の成分を使うので、アミノ酸、アリシン、ビタミンB1の他にも健康に役立つ成分を十分に摂ることができます。疲労回復に加えて、生活習慣病や健康維持を同時に行いたい場合にいい組み合わせです。

黒酢にんにくをサプリで摂るなら
三黒の美酢三黒の美酢(さんごくのみず)【黒酢・黒にんにく・ DHA&EPA配合】

黒にんにく系のサプリは多数ありますが、口コミやレビューで評価が高く実績があるのが、三黒の美酢です。自然素材の黒酢、黒にんにく、黒卵黄油と疲労回復にいい成分を豊富に配合しているので、毎日だるく、スッキリしない、なんとなく元気がないという人は重い身体が軽くシャッキっとを実感するという特徴があります。

コエンザイムQ10

抗酸化作用のある栄養素として数年前にカルニチンやαリポ酸などと共に爆発的に人気になりました。コエンザイムQ10は、抗酸化作用があるため疲労回復のほか、美容にもいいので疲労回復と同時に美容にもいい成分を摂りたい場合には効果的でしょう。

コエンザイムQ10は牛や豚の心臓、レバーなどに多く含まれますが、日本人はこれらの食品の摂取機会が多くないので人によっては、ほとんど摂取できないため栄養素が不足している場合も多いです。

コエンザイムQ10をサプリで摂るなら
ステラの贅沢CoQ10吸収率に優れた還元型コエンザイムサプリ【ステラの贅沢CoQ10】

イミダゾールジペプチドをサプリメントで摂取しようとするなら、このイミダペプチドが品質、配合量ともに一番優れています。Amazonでもイミダゾールペプチド系のサプリを販売していますが、ほとんどがイミダゾールペプチド含有エキス配合というもので、この「エキス」では疲労回復に必要な成分の量がまったく足りていません。

ビタミンC、B群

ビタミン類の不足は身体的な疲労につながりやすく、特にビタミンB群が不足すると食事などで得た栄養素を効率的にエネルギーに変換する作用が滞り、結果的にエネルギーが不足し十分に産出されないため疲労を感じるようになります。

特に疲れを感じやすい30~40代ではビタミンB群が推奨摂取量に満たないとの統計もあり、不足を補うことで疲労が回復するというケースも多々あります。市販の疲労回復薬はビタミンBの補充を目的とするものもあり、疲労にいいとされる豚肉、うなぎなどもビタミンB群が豊富な食べ物です。

クエン酸

以前は、疲労回復といえばクエン酸と言われるほど常識でした。しかし、今では乳酸は疲労の原因ではなく疲労を回復させるための物質という説が濃厚になっています。とはいえクエン酸が疲労回復に効果がないかといえばそうではありません。

さきほど紹介したように、疲労は「活性酸素による酸化ストレスでの細胞のダメージ」ということですが、このダメージを受けた細胞を修復するのにアデノシン三リン酸(ATP)というエネルギー源が必要となります。

ATP産出するにはATPサイクルが重要でこのサイクルをクエン酸の作用で活性化させ疲労のダメージを回復させるといわれています。

イミダゾールジペプチド

疲労回復に効果がある成分として近年注目を浴びているのが、このイミダゾールジペプチドです。イミダゾールジペプチドは、カフェインやタウリンなどの栄養ドリンクに配合される一時的な疲労回復効果ではなく、活性酸素に直接働くので長期的に疲労の回復を期待できます。

サプリメントで摂る場合は、イミダゾールジペプチドの含有量が1日分で200mg以上のものを選ぶ必要があります。よくあるイミダゾールジペプチド含有エキスという表記のものは、イミダゾールジペプチドの成分が200mg入っているわけではありませんので注意してください。

イミダゾールジペプチドをサプリで摂るなら
イミダペプチド疲労回復のサプリ イミダペプチド

イミダゾールジペプチドをサプリメントで摂取しようとするなら、このイミダペプチドが品質、配合量ともに一番優れています。Amazonでもイミダゾールペプチド系のサプリを販売していますが、ほとんどがイミダゾールペプチド含有エキス配合というもので疲労回復に必要な量がまったく足りていません。

脳の疲労

特に体をたくさん動かしたわけではないのになぜか疲労感が抜けない。十分寝ているはずなのに体の疲れが次の日まで残っていて、仕事でミスをする、何もする気が起きない、食事が楽しく思えない、疲れがいつもと違うといった場合、脳が疲労している場合があります。

毎日勉強や仕事、パソコンやスマートフォンで多くの情報を処理していると情報を処理する量が多すぎることが原因で強いストレスになります。

「別にそんなに多くの情報なんて処理していないよ」と思う人もいるかもしれませんが、情報とは例えば、スマホで画面を見た際の色や音、文字など自分では情報として意識はしていなくとも脳は多くの情報として処理しているのです。

脳疲労を回復させるには、働きすぎている脳への栄養を与えることと、休息でストレスを解消させることです。カフェインや砂糖などの甘いものを摂ると一時的に疲労を緩和させますが、反動でさらに疲れてしまうので、どうしても今ひと踏ん張りしたいという時以外は一時的な対処方法はお勧めしません。

脳疲労の回復サプリメント

DHA

DHAはサバやイワシなどの青魚に多く含まれる成分です。血液脳関門を通過できる貴重な成分で体内では、大脳皮質や記憶を司る海馬などにも多く存在しています。DHAの効能としては、血流を改善し脳を活性化させる、認知症の予防や改善、ストレスを和らげるなどの効果があります。

チロシン

チロシンは必須アミノ酸のひとつで脳内にある伝達物質、ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどの材料となります。優れた抗ストレス耐性があり、強いストレスを受けている人の脳を活性化させ、集中力や性欲を高めるなどの作用があります。

イチョウ葉

脳の血流を増加させる効果があるとされるイチョウ葉はアメリカではかなり人気の高いサプリメントです。イチョウ葉には、血管拡張、血液サラサラ、抗酸化作用があり集中力の向上や認知症の予防などにもいいとされています。

眼からくる疲労(眼精疲労)

最近は、パソコンやスマートフォンといった電子機器を一日中使う人が多くなったため、目の疲労は昔よりも格段に多くなっています。目が疲れても一日寝て回復すればいいのですが、毎日のように目が疲れて慢性化してくると、目だけでなく肩こり、頭痛など他の場所も影響を受けるようになってしまいます。

何時間も集中して目を酷使しないためにも、常に目を休ませる意識を持ったり、防腐剤フリーの目薬をさしたりといった目をケアすることが眼精疲労から回復させるコツです。

パソコンやスマホで疲れている目の回復にはルテインやアントシアニン、DHA・EPAなどが有効です。特にルテインはパソコンのブルーライトを吸収遮断する目の黄斑部に集まる成分なので電子機器での目の疲れの回復や予防に効果的です。

眼精疲労のサプリ
めなり眼精疲労のアイケアサプリ めなり

ビルベリー、ルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチンといった目にいいといわれる成分をすべて配合。成分の種類と配合量が多いので、どのような原因から眼精疲労が起こっていてもバランスよくケアしてくれます。

ルテイン配合のサプリ
めばえルテイン配合の眼精疲労解消サプリ めばえ

各種のルテインサプリの中でもルテインの含有量が一番多いのが、この「めばえ」です。ビルベリーやブルーベリー、他のルテイン系サプリはいまいちだったという人でもルテインの量を増やすことで効果を実感できることがあります。

肝臓からくる疲労

慢性疲労で多いのが、肝臓が元気ではないために起きるケースです。肝臓が十分に働かなくなると、解毒作用が効かず体内に有害物質が残ったままになり体が疲れやすくなります。

しかしやっかいなのが、肝臓の状態は自分ではわかりにくいため、疲れの原因が肝臓であると判断できる人はなかなかいないと思います。肝臓自体が疲労する原因としては、お酒を飲みすぎる、油の多いものや糖分を摂り過ぎる、睡眠不足、ストレス、運動不足などがあります。

肝臓の機能を回復し、肝臓からくる疲労を回復させる栄養素としてはオルニチンが真っ先に挙げられます。

オルニチンは「しじみ」に多く含まれる栄養素ですが、疲労回復や肝臓の解毒作用を助ける働きなどがあり弱った肝臓にはかなり効果が期待できます。肝臓をサプリで改善する場合にはオルニチンやビタミンB12を豊富に含む「天然由来のしじみ」のサプリがいいでしょう。

睡眠の質の悪さからくる疲れ

自分では睡眠をとれていると思っていても、睡眠の質が悪いために睡眠が十分ではなく疲労がたまってしまうということがあります。

例えば、睡眠時無呼吸症候群などは眠っているときに呼吸が止まってしまい、空気の流れが弱くなってしまいます。これが寝ているときに何度も発生すると、睡眠の質が悪くなり脳や体が十分に休めなくなり疲れが溜まってしまいます。

また、多いのが寝る前の飲酒や寝る直前まで、テレビやスマホを閲覧することです。これらは、睡眠の質を低下させるので十分に休むことができません。

良質の睡眠を得るためにいいサプリメント

良質の睡眠を得るためには、興奮を鎮めて緊張をほぐす「テアニン」、メラトニンを合成する「トリプトファン」、など、入眠前の心を落ち着かせる成分が配合されているサプリが質の良い睡眠を得るために役立ちます。

良質の睡眠で疲労回復するためのサプリ

睡眠サプリメント【潤睡ハーブ】快眠サプリ 潤睡ハーブ

潤睡ハーブは、アミノ酸不足で休息ができない対策として、必須アミノ酸を豊富に含むクロレラ、イライラする精神を落ち着かせ休息させるギャバ、精神を安定しリラックスさせる成分として話題のラフマエキス、クワンソウといった自然の植物を中心とした身体にも心をもサポートするサプリメントです。毎日十分に寝付けない、頭がさえてしまってしまっている方に最適です。


GOOD Night 27000良質の睡眠をとるためのサプリメント GOOD NIGHT 27000

GOOD Night 27000はテアニン6300mg、GABA、グリシン、ラフマ、トリプトファン、カモミールと、リラックス効果、精神的な落ち着きにいい成分を豊富に配合しているので、良質の睡眠で疲労回復に役立ちます。睡眠の質が悪い、なかなか寝付けないという人はサプリメントで睡眠のサポートを試してみてください。市販薬のように副作用や依存による不安などがないので気軽に試すことができます。

病気の場合にはサプリでは回復できない

食事を改善しても、サプリを摂っても、休息を十分にしてもなかなか疲れが抜けないという場合には何らかの病気が潜んでいるという場合もあります。

ありがちな疲労感を得やすい病気として風邪、急性肝炎、貧血、更年期障害などがあります。この他にも、疲労感を伴う病気というのは数多くあるので、「何をしても疲労感がとれない」、「おかしいな」、「元気がでない」と思ったら医療機関を受診するようにしてください。

まとめ

いろいろな原因の疲労を回復するサプリを紹介してきましたが、サプリの効果を最大限に引き出すために自分が今どのような状態で疲れの原因は何なのか知ることが大切です。

とはいえ、それぞれのサプリの成分は健康に害になるようなものはなく、むしろ気づかなかった不足している栄養素を補って体調を良くしてくれる可能性もあるのでムダとはいえません。

特に疲れが続いている、慢性的な疲れが抜けないという場合には精神的な疲労にも身体的な疲労にもいいイミダゾールジペプチドか、黒酢にんにく系のサプリを最初に試してみるのがおススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする