生活習慣を変えて疲労回復

疲労回復に重要な項目として、生活習慣があります。

生活習慣は毎日のことなので、少しでも悪い状態でいると少しづつ疲労がたまってしまったり、疲労が解消できなくなってしまいます。

疲労回復に関係のある生活習慣についてまとめましたので、できるだけ注意して生活してみてください。


同じ姿勢を継続しないようにする

同じ姿勢を長い時間継続する方は、一部の筋肉だけが使用され緊張した状態が継続するので、乳酸がたまり筋肉の働きが悪くなってしまいます。筋肉は適度に動かさないと弱くなっていく性質があり、長時間同じ姿勢をする方は使用する筋肉が少なく疲れやすい身体になっていきます。

筋肉を動かさないと血行が悪化し、乳酸が流れにくくなるので、なかなか疲れが取れなくなります。筋肉に負担をかけない為には、正しい姿勢を保持する必要があります。できるだけ姿勢を意識してデスクワークをおこない、1時間に1度は身体を動かしましょう。首や肩を回したり、階段の上り下りをしてみるのも良いでしょう。

このように、適度に体を動かす事により、筋肉にたまった乳酸はスムーズに排出されていきます。疲労回復には乳酸の排出を促す為にも、適度な運動が大切です。また朝に太陽の光をしっかりと浴びると、夜に眠りやすくなります。

それは、朝の光を浴びてから15時間程度経過してから睡眠ホルモンの分泌が活発になるからです。その為、朝にしっかりと太陽の光を浴びながら運動をおこなう事も疲労回復につながります。

疲労回復には運動習慣を心掛けよう

運動は、筋肉や内臓を活性化させ、血行を良くしてくれます。その為、疲労回復や疲れにくい身体を作る事にも役立ちます。しかし、急に激しい運動をおこなうと乳酸が増加してしまいます。その為、散歩やウォーキングなどの軽い運動をしていくと良いでしょう。

また、その際には自然の中を歩くと心のリフレッシュにもつながります。運動は無理をせず、自分のペースで楽しみながらおこなう事が大切です。また身体の大きな筋肉を鍛える為には、スクワットが有効となります。

スクワットを毎日おこなうだけで、腹筋、背筋、脚の筋肉などを鍛える事ができます。スクワットになれない内は、椅子に腰かける運動をおこないスクワットの感覚をつかんでいきましょう。自分のライフスタイルに合わせて、運動方法やおこなう時間を決めていきます。

生活習慣を変化させて疲労回復

アルコールを大量に摂取する方は、アルコールの分解の為に通常より多く肝臓が働いているので、疲れやすくなると言われています。またタバコを吸う方は、吸わない方よりも体内のビタミンやミネラル類が壊れやすく、食事やサプリメントからより多く摂取する必要があります。

また運動不足は血行不良を招き、体内の疲労物質である活性酸素やアンモニア、リン酸などのデトックス作用を低下させてしまいます。その為、できるだけ運動習慣を身につけ、身体を軽く動かす事を意識して毎日を過ごしましょう。

血行不良は、冷え性にもつながります。冷え性の改善には、前屈やスクワット運動が効果的です。肩こりが悩みの方は、首をゆっくり回したり、肩を上下したり、コリ部分の血行をうながしたりするのが効果的です。

湯船にしっかりとつかった入浴方法は、適度に汗をかく事ができ、リラックスや冷え性改善にもつながります。また、毎日の食生活でバランスの取れた食事を心掛ける事も大事です。食事で補給が足りていない栄養素は、疲労回復サプリなどを利用して摂取していきましょう。

疲労回復に効果的な事柄

人は、体内時計を意識して活動しています。太陽の光を浴びる事で、体内時計は毎日正しくリセットされます。その為、起床したらカーテンを開けて太陽の光をしっかりと浴びましょう。また1日のなかで1時間ほど太陽の光を浴びると、眠りの質を高めてくれると言われています。

また日常生活のなかで、呼吸に集中する時間を作ると疲労回復につながります。深呼吸は、新しい酸素を取り込む事で気分をリラックスさせます。また息を大きく吐き出すと、心拍数が少なくなりリラックスにつながります。

さらに、身体のコリなどは慢性化する前にマッサージなどでその都度解消しておきましょう。仕事中も、休憩中などに身体を伸ばしたり、屈伸をしたり、階段を昇り降りしたりする事を心掛けます。これらを意識するだけでも、かなりの疲労回復効果が期待できます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする